りんごの香りと色をブランデーに移す。

  • 2017.03.13 Monday
  • 23:42

 

 数年前のこと九州で会社を経営されている方から,瓶入りのりんごのはなしをうかがいました。

 

飛行機の機内誌にあった「キャプテンのりんご」ってはなしです。

 

 キャプテンはりんご園の園主さんで,ボトルシップのように瓶の中でりんごを育て収穫してブランデーを注ぎ込み寝かせ,

 

香りが移るのを待って友人とそのブランデーを飲む,というのを楽しみにしている人でなんとも粋なひとのようです。

 

 これはいいねってことで,その経営者の方と相談してマネしてみることにしました。

 

できたものを送って,お礼にその会社の製品をもらってってことを何度か繰り返しました。

 

自分でも飲んでみようと一本とっておいたものの,ときどきビールとお酒を飲むぐらいの酒量なので,ほとんど飲まずにうちの棚の飾りになっていました。

 

 これがうちへ遊びにきた飲み屋の大将の目にとまり,大将の飲み屋に飾ってもらうことになりました。

 

飾ってもらった一本ですが,こんどはこのお店に飲みにきたお菓子屋さんの経営者の目をひき,そこにもお分けすることになりました。

 

 昨年まで考えなしにふじを使っていましたが,今年はこの経営者の方の意見で色も移りやすい紅玉でやってみようと企んでいます。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM